肝斑治療に通常のレーザー治療が適さないわけ

subpage01

顔の両頬や口の周りに左右対称にできる、茶色くぼんやりとしたシミが肝斑です。


妊娠中にでき、出産後しばらくして消えることから女性ホルモンとの関連性が言われています。顔に比較的大きな範囲で薄いシミができるので、時間が経てば消えるとはいっても気になるのは仕方ありません。



どうしてもきれいにしたいなら肝斑治療です。ただ、肝斑は通常の光老化によるシミとは少々その治療法が違うのです。というのは非常にデリケートなシミだからです。
通常のシミは主に紫外線の影響で現れますが、肝斑はホルモンと言われます。
つまりホルモンバランスの乱れでも刺激となるほどデリケートなものなので、これまでのレーザー治療では、それがかえって刺激となりシミを悪化させることにもなりかねませんでした。
そこで内服薬やシミを濃くしないことが肝斑治療で行われます。



ただ、最近では肝斑治療にも使えるレーザーも登場しました。
これまでのレーザーの問題点が照射部の中心にエネルギーが集中することでした。

つまり照射部の真ん中ばかりに強い光が当たって火傷のような状態になっていたのです。通常のシミならそれがかさぶたになって治りますが、肝斑ではそのような強い刺激はかえってシミを悪化させる結果となるのです。



そこで肝斑治療には照射部位に均一なエネルギーがかかるレーザーが用いられます。これならシミ全体に均一に光エネルギーを当てられるのでかさぶたになることはなく、デリケートな肝斑に最適なのです。